全てが終わった。
 私、榛名猫のいない島田スターマインズの北信越大会は、十一対四という大敗によって幕を閉じた。

私のリードじゃないゆかりの棒球はおもしろいようにぱかぱかと空を切り裂いた。

しかし、スターマインズのあげた四得点という数字に、会場に来ていた人々は、全員驚かされることとなった。

 スターマインズのヒット数は四で、その内訳は三番打者であるゆかりのシングルヒット二つと、四番打者の上様のツーランホームラン二本という内容だった。

相手チームのエースは、ゆかりと上様の二人を押さえることができなかったのである。

 もちろん、私は能力を使っていない。

あの長岡駅前で三人で抱き合って泣き叫ぶというちょっとした珍事件の翌日、私は二人にこっぴどく怒られ、二人に内緒で能力を使うことを絶対にしないと約束させられてしまったのだった。

 ――もちろん、私はその約束を反故にしたりする気は毛頭ない。

この二人をもしももう一度裏切らなければいけないくらいならば、頭をかち割って死んだ方がマシである。

もしも二人のためだと思っても、絶対に黙って使うなと、私は厳しく叱責された。

「猫ちゃんがいたら絶対勝ってたよ」

「ほんとほんと。猫ちゃんが出てたら私のホームランが全部スリーランになってたからスターマインズは四回終了時点で六点だし、そうしたらコールド負けじゃないからもっと打順が回ってきてたし、それに猫ちゃんのリードでゆかりちゃんがあんなに失点するわけないもん」

「……二人とも、ずいぶん無茶苦茶なこと言ってるって分かってる?」

 ゆかりと上様は、負けたというのに上機嫌だった。

しかしまあ、それもそうだ。

 なにせその二人して打率十割という記録は、正真正銘二人の実力によるものなのだから。

 そしてなんと、この試合を、上様のお母さんが見に来ていたのだ。

会場は長野県の須坂市にあるグラウンドだった。

チームこそ負けたものの、上様の成績はとても才能がないと言えるものじゃなかった。

なにしろ四回終了時点でコールド負けが決まったあと、長野県出身の相手チームの監督さんとバッテリーの女の子たちが、上様に話しかけにきたのだから。

 それを見た上様のお母さんは、私たち三人がもう少しだけソフトボールを続けることを、了承してくれたのである。

相手チームの監督さんが、上様が辞めるかもしれないという話を聞いて、上様のお母さんを説得しに行ったという事件まで起きている。

「で、何の話してたの?」

 ゆかりが尋ねると、上様はポッキーを咥えながら言った。

「ん? 監督の知り合いの中学校の先生で、全国クラスのソフトボールチーム教えてる先生がいるんだって。東京にある学校らしいんだけど、」

「え!? そ、それで上ちゃん、まさか、」

「やだなあ、やめてよ。私は生涯、島田スターマインズの四番ファースト!」

 私は思わず、吹き出した。

「上様、一生小学生やるつもり?」

 上様は頬を赤くし、「ものの例えだよ」と私の背中をばしばし叩いた。

「だけど、本当にそうだったら、良いのにね」

 ゆかりが呟く。私と上様は思わず動きを止めて、ゆかりを見た。

「本当に、ずっとこのまんまだったらいいのに」

 私は――ゆかりの頬をぎゅっとつねった。

「いッ!?」

「そういう思考の停止、私、嫌いだなー」

 考えることこそ人間の美徳ではないか。

思考の停止――それは愚かな大人という将来へと続く下り坂だ。

「私は、二人と一緒に、……三人で一緒に、大人になりたい」

 ゆかりが頬をさすりながら、私の顔を見る。

上様が頷いた。

「そうそう。だって大人になったらさ、もっと速い球をもっと力強くかっ飛ばせるんだよ」

「……上様、なんか完全に筋肉バカみたいなキャラになってない?」

「なってない! 草野球でおっさんにど真ん中投げられて打てないのが悔しくないの!?」

 あー、分かる分かる、と三人で頷き合う。

「そうだね、うん。……私、猫ちゃんと上ちゃんと一緒にだったら、早く大人になりたい」

「その前に中学生と高校生もね。私、上様のセーラー服見たいなあ」

「やめてよ、恥ずかしいなあ」

「あー、分かる。上ちゃんの制服、写真つけたら高く売れそうだよねえ」

「ゆかりちゃん、その思考はなんか犯罪者っぽいよ……」

 あどけない顔をしてなかなかエグいことを考えるなあ、と、私と上様とで顔を見合わせる。

ゆかりの新たな一面を垣間見た気がした。

「そういうエグい発言は猫ちゃんの役目だから」

「おい」

「あ、そっかー」

「そっかーじゃない!」

 そのとき、上様のお父さんの車が目の前に止まった。

助手席から顔を覗かせた上様のお母さんが、おいでおいでと手を振ってくれる。

 上様とゆかりが立ち上がり、車に向かって駆け出した。

「ちょっと待ってよっ」

私も二人の後を追う。

薄情な二人だと思ったけれど、必ず待っていてくれるということを私は知っている。

上様のお父さんの運転で、島田スターマインズ揃っての食事会の会場まで行く予定なのだった。

祝勝会にはならなかったけれど、草野球のおじさんたちは勝っても負けても笑ってビールを飲んでいたから、楽しければ結果オーライということにしておこうと思う。

 前までは、草野球のおじさんたちをくだらない大人だと思っていた。

けれど今では、少しだけ、そういう大人もアリかもしれないな、と思っている自分がいた。

三人で、例えば仕事が終わったあとに集まって、上司の愚痴を言い合いながら酒を飲むのだ。

そういう大人ってクズ野郎だって思ってたけど――何者にもなれないよりも、ずっといい。

だって、毎回練習の後にビールを飲んでるおっさんたちの顔は、実際、ものすごく幸福そうだったから。

 コーラで乾杯しよう。

そして、急いでこの手を治して二人に追いつこう。

 少なくとも、この二人と一緒なら、どんな未来だって受け止めきれると思った。

 私は二人の背中を追いかける。

懸命に、一歩一歩。

そして、青い空に誓う。

もう二度と、この二人を裏切らないと。