そしてついに、緊張の初戦――生まれ変わった私たち三人の輝かしい初陣がやってきた。

 その大会は、新潟県内にある女子ソフトボールクラブの一番を決める大会だった。

試合は長岡市河川公園ソフトボール場で行われる。

そして上位二位に入れば長野県で開催される北信越大会への出場権を獲得するというものだった。

 私は、願ってもないと思った。

おじさんたちとの草野球で将来が決まってしまうというのもなんともすっきりしない話だと思っていたからだ。

すでに未来のないおじさんたちに私たちの将来を摘まれるなんて、あまりに辛辣な皮肉だ。

けれど全国大会に繋がる試合であるなら、ふさわしいと思った。

同年代の子供たちを下して自分の未来を掴み取る。

いいじゃないか――きっと私はいま、すごく悪い顔をしている。

 初戦と言っても、実際には一日で二試合だ。

この地区で大会に出場したチームは私たちの島田スターマインズを含め三チームしかない。

そのため、一日で二回の試合を行うリーグ戦によって、順位が決まってしまう。

 もちろん、私たち三人は、上様のお母さんと決めた誓約があるため、一試合すら落とすことができない。

そのことは、チームメイトには最後まで黙っていようということにした。

私たちの負っている緊張感を無闇に広げて、ミスの可能性を高める必要はないからだ。

 無論――私は最初から全力で勝ちを取りに行く腹づもりだった。

私だけが、甲子園のマウンドを見上げるキャッチャーの気分だった。

そしてゆかりは、甲子園のマウンドに上がったピッチャーの気分だろう。

その顔に気負いはなかった。

ゆかりはなんだかんだ言って、私たち三人の中で一番熱いヤツだから。

負ければ即終了。

私とゆかりと、そして上様が意味深に頷き合う。

 ――一試合目が始まった。

長岡フェザーズというチームで、今までにも何度か合同練習や練習試合をしたことがあるチームだ。

無論――私の頭の中には長岡フェザーズの女の子たちの得意不得意のデータが叩き込まれている。

我ながら性格が悪いなあと思いつつ、まずは正攻法で――能力を使わずにゆかりをリードすることにした。

ただし、心の声ばかりは聞こえてきてしまうので仕方がない。

インコースを待っている相手には容赦なくアウトローで勝負し、速球を待っている女の子相手には、遅い球でリズムを崩して討ち取った。

 四番の女の子がバッターボックスに入ったときに――私は嫌な雰囲気を感じた。

 心が読みにくい。

 落ち着いていて、ぼんやりとゆかりの姿だけを見ているような感じだった。

体にも変な力が入っていなくて、来た球を綺麗に打ち返す、そのためだけに構えている、そういう雰囲気だった。

 私はまずいな、と思った。ゆかりはコントロールが良く、緩急をうまく使えるためにピッチャーとして優秀だしリードもしやすい。

けれど、小柄な小学生である以上変化球や決定的なスピードボールを会得するには至っていない。

少し打つのがうまい子がいれば、それだけで得点される危険性がある。

 ここだな、と思った。

そして、それと共に、どんな手を使ってでもゆかりを勝たせるのだという気持ちが、むくむくと春の草のように私の心の中を満たしてゆく。

 私はインコースを要求し、ゆかりは頷いた。

そして、見事なコントロールでそこにボールが投げ込まれる。

私の視界に、鋭いバットの陰が映る――バッターが、バットを振ったのだ。

 私は、能力を使った――二つ目の能力を。

ボールを僅かに、下に動かした。

 カキンッ――バットがボールを捉える音――鋭いスイングで打ち返されたボールは、サードの正面に転がった。

ボテボテのゴロだった。

サードを守るチームメイトがボールを危なげなく拾い、ファーストを守る上様に送球する。

 私は安堵する――もしも力を使っていなかったら、真芯を捉えられて、一気に一点を取られていたかもしれない。

下に僅かにずらしたことで、芯を外したのだ。

相手の四番の女の子が、心の中でおかしいな、と思っていることに私は気づいていた。

けれど、その違和感を証明することは不可能だ。

私が口を割らない限りは。

第7話を読む