短編小説『ブリリアント・チーティング』完結

――裏切ってでも、守りたかった。  著:水円花帆

 銃声みたいに叫んだ。

「辞めちゃダメ!」

 上様は、私の声におびえた顔をした。

まるで強盗を見たみたいな顔だった。

そうなのかもしれない。

私は、この松城家から上様を奪う、強盗かもしれない。

地震が来たら崩れてしまいそうな上様の家は、なんとか数年前の震災には持ちこたえていた。

けれど、私はこんな家壊れてしまえと思った。

この家を壊すためなら喉を枯らしてでも叫んでやる。

バットも振るし、強盗だってする。

だって家は私たちを守るためにあるべきだ。

上様を縛り付けるために建っている家なんて、いっそ壊れてしまえと思った。

「……猫ちゃん、でも」

「上様には、才能がある」

 上様の顔がまた、熟れた柿みたいに歪む。

 その後ろから、上様のお母さんがやってきた。

事情を知っているという顔で私を見る。

その顔に対して、私は猛烈な怒りを抱いた。

私たちの何を知っているのだと怒鳴りたくなった。

「あのね、榛名さん。上ちゃんは、これからたくさん勉強しなくちゃいけなくて、」

 何が榛名さん、だ。

 そんな名字嫌いだ。

「野球の才能がないから勉強するんですか!? そんなの、逃げじゃないですか! そんな理由で始めたことなんて、どうせまた逃げ出すに決まってます!」

 上様が、ぎゅうっと首を絞められたみたいな顔をした。

上様のお母さんもおんなじ顔をした。

そのとき私は、ああ、この二人は家族なんだな、と思った。

 私はまた――ああ、なんで自分はこんなに性格が悪いのだろうと自己嫌悪に陥る。

 小学二年生のときに、上様がお母さんに言われて英会話教室に通っていたことを私は未だに覚えている。

上様のお母さんがそのとき何を考えていたのかまでは知らないけれど、上様は私たちに英語なんてと愚痴をこぼし、案の定一ヶ月も持たずに辞めてしまった。

 そのことを――きっと私は一生忘れないだろう。

だって、私は上様と一生友達でいるつもりなのだから。

 二人の心を読んだ私は、案の定二人が英会話教室のことを思い出していることを知ってほくそ笑んだ。

もちろん表情には出さないけれど、怒れる顔の下で、上様とお母さんを睨んで、ざまあみろと思った。

「じゃあ、聞いてもいいですか」

「なにかな」

 上様のお母さんが、怯えた顔で私を見た。

 ああ、知ってる。この顔は知ってる。

私は生意気な子供だから、上様のお母さんは、私のことが苦手なのだ。

私もこの家があまり好きではないけれど、それはお互い様ということだ。

 大丈夫――この顔は知っている。

 だって、私の両親と全く同じ顔だから。

相手の心を読む私から逃げ出した両親と、上様のお母さんは全く同じ顔だから。

だから私は、恐くない。

むしろ進んで、倒してやるとすら思う。

 未来を考えず、考えたとしてもそれを足かせに思い、思考を止め、ギャンブルに逃げるような醜い大人には、私は絶対に負けたりしない。

 私を恐れるような大人に、私は絶対に負けたりしない。

 そして願わくば、自分が大人になったときに、こういう顔をしない大人になってやると思う。

 だから言われるがままに勉強なんかしてやらないし、言われなくても勉強して見返してやると思ってる。

私は、お前たち大人が絶対にできなかったことをやってやると、思っている。

 だから、そういう醜い大人には絶対に上様をあげないし、ゆかりだって渡してやらない。

 上様とゆかりは、私の友達だから。醜い大人の愚かな思考で、二人の将来を決めるなんて、絶対に許さない。

そうして私たち三人の姿を見て、離ればなれになってしまった昔の友達のことを思い出してむせび泣けばいい。

私は性格が悪いから、そうしてむせび泣く大人を見て、いい気味だと笑ってやりたい。

「才能があれば、野球をやってもいいんですよね」

 上様のお母さんは黙りこくった。

私が何を言おうとしているのかを察して、その想像を信じられないのだった。

「じゃあ、――私たちが勝ち続ければ、野球をやり続けてもいいんですよね」

 上様のお母さんは――毒を盛られた顔をした。

 上様は――聖母マリアを見るような目で、私を見た。

 私は、怒れる表情のまま――決して内心の残虐な笑みを表に出さないよう、堪えた。

 上様のお母さんはエプロンを握りしめて、叫んだ。

「そんなこと、できるわけないでしょう!」

「できます」

「できません!」

「できるかどうか、見ててください。できないと信じているんでしょう。だから、こういうのはどうですか」

 そのとき、がらりと後ろで引き戸の音がした。

 私が振り返ると、私の分と、二人分のバッグを持ったゆかりが、ぜえぜえ息を切らして駆け込んできたところだった。

私は、そんなもの置いてくればよかったのに、と思った。

そんな間抜けなゆかりのことが、私はたまらなく好きだった。

きっと時間がかかったのも、二人分のバッグをどうしたらいいか分からずに、しばらくおろおろしていたからに違いない。

 私はもう一度、上様のお母さんを睨んだ。

「こういうのは、どうですか。私たち三人が揃ったチームがもしも試合で一度でも負けたら、三人とも、野球を辞めます。ソフトボールクラブも辞めます。それに、二度と上様に近づきません。勉強の邪魔もしません」

「そんな、」

「だからお願いします」

 反撃の隙は与えない。

上様のお母さんは、もう追い込んだ。

衝撃的な言葉で厳しくインコースを攻めたあとは、素早くアウトローで、つまりお願いする言葉を差し込めば、上様のお母さんはまず間違いなく距離感をつかめず見逃し三振だ。

 ――ああ、私は今、とんでもなく嫌な子供だと思われているだろうな。

 でもそれでいいんだ。

 司令塔役なんて、どのスポーツでも嫌な奴やるもんだ。

 自分に才能があるとは思わないけど、向いているとは思うのだ。

「お願いです。私たちに、もう少しだけ野球を続けさせてください」

 私は懇願する――表情を作り、涙目すらも演出してみせる。

 上様のお母さんは――信じられない、という顔だった。

 理解できまい、と私は思う。

ちっぽけな家の中に閉じこもって、ろくに考えることもしない大人に、私の想いなど、到底理解できまい。

 生まれてからずっと人の心を読んできた小学生の醜悪さなど、到底理解できまい。

 きっと、男ってこうやって落とすんだ、そんなことまで考えながら、私はすっと表情を切り替えて上様を見た。

「上様」

 私が呼ぶと、上様はびくりと肩を縮こまらせた。

「また明日、学校でね」

 私はぺこりと上様のお母さんに頭を下げると、ゆかりの手から自分のバッグを受け取って、歩き出した。

第4話を読む

 もしも私が神様だったら、まず明日を殺し、そして次に夕方を殺す。

 そのくらい、私は明日へと続くものが大嫌いだった。

 

「送って頂いてありがとうございました」

 私とゆかりで、上様のお父さんに頭を下げる。

上様のお父さんは、すまなそうな顔で会釈をすると、百メートルほど離れた上様の家へと車を走らせ帰って行く。

私たちの家は、中之島グラウンドから十キロほど離れた、和島という町にある。

町というよりは、村といった方がいいかもしれない。

田んぼしかないし、一番近い駅もJR越後線という単線の小島谷駅というちっぽけな駅だ。

その小島谷駅から、県道六九号線を南に下ると、田畑の中にでんと置いてあるのが、ゆかりの家である宝塚家だ。

そして、私の居候先でもある。

私の両親は、娘である私に猫ちゃんなどというくだらなく浅はかさ丸出しの名前をつけてしまうような世紀の愚か者なので、めでたく借金を抱えに抱えて行方をくらませてしまったのだ。

親戚の家である宝塚家に引き取ってもらえなかったら、今頃私は本物の猫のように道路で惹かれて死んでいたかもしれない。

その家の前で下ろしてもらった私たち二人は、しばらくのあいだ呆然と田んぼを見ていた。

「上ちゃん、本当に辞めちゃうのかな」

 ゆかりが呟く。その声に、夕立みたいな匂いが混じっている気がした。

 夕焼けめ、私のゆかりを物憂げにさせるとは良い度胸だ。

 死んでしまえ。

私たちは女子小学生のくせに、いつの間にか野球が好きになっていて、ユニフォームを着てスパイクを履いて帽子をかぶると、もう、私たちは真夏の熱されたコンクリートのような気分になるのだ。

上様の告白は、そのコンクリートの上に降り注いだ雨のようだった。

私たちの心を、押し流した。

 帰りの車の中で、上様のお父さんが言ったのはつまり、こういうことだった。

 私たちは今五年生で、来年は六年生で、その次は中学生になるのだ、と。

上様のお母さんは上様が野球をやっているのをよく思っていなくて、女の子らしくなるように、私立の女子校にいれて、いっぱい勉強して欲しいと思っているのだとか。

そのためには今から勉強をしなくちゃいけなくて、そのためには塾にも通わなくちゃいけなくて、そうなると、野球なんかをしている場合ではないのだ、と。

 そういう野球漫画があったな、と私は思い出した。

それとも小説だっただろうか。

映画でもあった気がする、というか絶対ある。

 全国にこういう話は山ほどあるだろうし、絶対誰かが「泣ける話」とか言って、フィクションの題材に使ってる。

 私は考える――自分なんて、田舎に住むちっぽけな、何もできない女子小学生で、私たちと同じような人が全国にわんさといるのだと。

 そういうことを考えると、少し将来が恐くなる。

将来を考えたくない人の気持ちが、少しだけ分かるような気がする。

というか少なくとも私は明日以降のことを考えるのが嫌いだし。

 でも私は、将来のこととか、先のことをよく考える。

 嫌いだから――屈したりなんかしたくないから、先のことをよく考えて行動しようとする。

 嫌いな夏休みの宿題を、できないで無力感を味わうのはもっと嫌だから、必死こいてやるみたいに。

けれどやっぱり明日とか将来ってものは恐くて、いつかゆかりや上様と離ればなれになってしまうのではないかということが脳裏にちらついて、私は夜も眠れないほど恐くなる。

 恐くて、――けれど私は、怒りたかった。

「そんなの、間違ってる」

 上様のお父さんいわく――上様には才能なんてないのだ、ということらしかった。

 仮に才能があったとしても、百人が百人プロになれるわけじゃない。

どうしてみんなが勉強するのかというと、それが一番簡単に、幸せになれる方法なのだと、上様のお父さんは私たちに言った。

野球を否定するつもりはない、と。けれど、スポーツ選手になるのと、大学に行って勉強して会社に入ってお金をもらうのと、どっちが簡単か考えてごらん、と言われた。

 ――私たちのためなのだ、と。まるで私たちの将来を見てきたような口ぶりで。

「間違ってるよね」

 私はゆかりを見た。ゆかりも私を見ていた。

そのゆかりの目は、いつの間にか涙を忘れて力強く光っていた。

この目だ、と私は思う。

 些細なことで泣いてしまうゆかりだったけれど、私は知ってる。

 マウンドの上でだけは、ゆかりは絶対に泣いたことがない。

私がどんなに厳しいコースを要求しても。

ゆかりは必ずそこに投げ込もうと全力を尽くしてくれる。

ゆかりは、ピッチャーでいるときだけは、絶対に泣いたりしない。

「うん」

 ゆかりが頷く。何が間違っているのか? ――簡単だ。

 上様に才能がないなんて、あり得ない。

私たちの通う島田小学校の歴代女子児童たちの中で、上様は短距離も長距離も、最速の記録を保持している。

身体能力は抜群で、大人のピッチャーの球は打ち返せないけれど、目がよくて器用だから、確実にバントでランナーを送るその堅実さから、社会人チームの草野球であるにも関わらず二番に起用されている。

足の速さだって、ビールで太ったおっさんどもよりも、上様のほうがよほど早い。

実を言えば、ピッチャーをやらせてもゆかりよりも上様のほうが球は速いのだ。

ただコントロールはゆかりの方がいいので、上様はピッチングよりもバッティングを練習しているのだ。

 つまり、上様は私たち三人の中では、期待の星なのだ。

 それをなにか――私たちの将来を見てきたわけでもないのに、才能がない?

 そもそも、上様のお父さんはともかく、上様のお母さんなんて、一度も試合を見に来たことなんてないじゃないか。

上様がどんなにすごい女の子か、上様のお母さんがどれだけ知っているというのだ。

あーあ、よくいるんだよな。

自分が少し先を見通してるからって、そこに達していない奴のことをなんでも知った気になって喋る奴。

 全くもって心外だった。

 許せない、と私は思った。

 上様のことを知りもしないで、上様の人生を語るなと思った。

「ねえ、才能って、何だと思う」

 私はゆかりに尋ねた。

ゆかりは私の問いかけの意図がつかめずに、「えっ」と口をもごもごとさせてまごついた。

「ねえ、ゆかり」

「なあに」

「勝ち続けたらさ、それは、才能があるってことだよね」

「え? ……うーん、そう、かもしれない」

「ゆかり」

「ん?」

「鞄、見てて

 私は――駆けだした。

「え!? ね、ねえ、猫ちゃん!?」

 そう――私の名前は、榛名猫だ。

 私は猫みたいにめんどくさがりで怠惰で性格が悪くて――だけど、諦めが悪いのだ。

 上様の家――松城家まで、およそ百メートル。

上様のように十五秒を切るような速度では走れないけれど、それでも私は、一秒でも早く上様のところに行きたいと思った。

 車の中では、上様のお父さんが繰り広げる圧倒的にアダルトでおセンチでクソみたいな世界講話に耳が麻痺して、なんにも言い返せなかった。

だけど、コシヒカリの田植えを目前に控えたいつもの田んぼの姿を見ていたら、頭が冷静になった。

 そして、急速に冷たく燃え盛り始めた。

 なんだよ――なんだよなんだよなんだよっ!

 私たちの上様を、バカにするなッ!

 肺が激痛であえぐのもかまわずに、私は上様の家のインターホンを連打した。

田舎なのでそんなものが用をなさないことは知っている。

門扉をくぐると先ほどまで私たちを運んでいた車の脇をすり抜けて、鍵のかかっていない引き戸に、餌を見つけた猿みたいにかじりついた。

それを力尽くで開いた。

驚いた顔の上様が玄関に駆けてきて、目が合った。

 私は叫んでいた。

第3話を読む

 私は今日も昨日が恋しい。明日なんて、見たくない。
 せめてずっと今日のまんまだったら、私たちはどれだけ幸せになれるだろうかと夢想する。
 けれどそんな願いは叶わない。
 そのことを、私は知っている。

 私、榛名猫には超能力が二つある。
 人の心を読む力と、離れた場所にあるものを触らずに少しだけ動かす能力だ。
 前者――心を読む力は、使おうとしなくても無意識に使ってしまうものなので、これはもうどうしようがない。
 後者を使うことは滅多にない。
 なぜかって、疲れるし、それに使ってることがばれたらきっと親友二人にこっぴどく怒られるだろうから。
 人の心を読める私が、親友であるゆかりと上様と一緒に何をしているか。
 それは――野球である。


 ゆかりのウィンドミル投法で放たれたストレートが私の構えたミットに見事に収まった。
 ストライクだ――私はぐっと右手を握る。 
「ゲームセット!」
 私の背後に立っていたおじさんが叫んだ。試合終了――私たちは今日も勝利した。
 私たち――私とゆかり、上様は、草野球チーム和島フェニックスのおじさんたちと並んで、礼をする。
 そして、私はゆかりとハイタッチした。
「やったね」
「うん、これで新しい服買えるね、猫ちゃん」
 榛名猫――それが、私の名前。
 ゆかり――私の同級生でありバッテリーの相棒の名前は、宝塚ゆかり。
 私たちがおじさんたちと一緒に草野球の試合に勝てば、私たちはおじさんたちからご褒美というなのお小遣いをもらえる。
 それが、私たちを突き動かしているシステムだ。
 ことの発端は、もう一人の親友である上様のお父さんにある。
 松城上――それが、もう一人の私の友達の名前。
 だから、あだ名は上様。
 ピッチャーのゆかりと、キャッチャーの私と、ファーストを守る上様。
 最初は、職場の草野球チームに誘われた上様のお父さんのヘタクソなプレイを応援しに行ってた私たちだったけれど、その端っこで練習に混ざっている間に、いつの間にか私たちが試合に出て、上様のお父さんは送迎係になっていた。 
 小学生の女の子が草野球だなんて変だとは思うだろうけれど、私たちがハマった理由は一つだ。
 勝つと――お小遣いがもらえるのだ。
 打算だとか、健全な精神がとか言い出す人がいるかもしれないけど、世の中お金なのである。
 それにハンデもしてもらってる。
 ソフトボール部のゆかりが投げるピッチャーマウンドは、大人用の場所よりも前だし、私たちが打席に立ったときには加減して投げてくれている。
 それでも百キロ近いストレートなので、私たちはたじたじだけれど。

 なにはともあれ、今日の試合でも無事お小遣いをゲットした私たちは、意気揚々と上様のお父さんの車へ向かう、はずだった。
 ゆかりが、上様の横に並ぼうとするように歩き、声をかけた。
「ねえ、何かあったの?」
 私も、上様にそれを聞きたかったところだった。
 上様は、俯いたままだった。 
 私とゆかりに比べて上様の背は高い。
 百六十センチ近くある。
 髪は伸ばしているけれど、目は切れ長で、初対面の人にはよく恐そうだと言われている。
 松城という名字と、その研ぎ澄まされた刃物のような姿に、上様という名前はぴったりだと思っている。
 けれど、今日の上様は変だった。
 いつもは一本はヒットを打つのに、今日は三振の嵐だったし、エラーも二回した。
 試合に勝ちはしたけれど、それはきっちり相手の打撃を抑えたゆかりと、私の読心術リードのおかげだと思う。
「ねえ」
 ゆかりが心配そうに、上様の顔をのぞき込む。
 心配しているのはゆかりの方なのに、ゆかりの方が泣きそうになっている。
 それを見て、私も胸が締め付けられた。
 ゆかりは飼っていた犬が死んでしまったときもわんわん泣いたし、学校のウサギやカメが死んだときも、人一倍泣いた。
 そんなゆかりは、たぶん私よりも上様よりも、この三人でいる時間を大切にしていると、感じることがある。
 上様が立ち止まった。
 私とゆかりで上様の顔を覗き込む。
 そして私たちは、信じられないものを見た。
 上様の顔が、くしゃりと歪んだ。
 無表情というタイトルのマスクでもかぶっているのではないかと普段疑ってしまうような上様の表情が、道に落ちた柿の実のように、潰れた。
 涙が溢れ、すっと伸びた鼻先が、嗚咽とともにずずっと音を鳴らした。
 鼻水が垂れ、上様はそれをぐしゃりと腕で拭って、しゃがみ込んで泣き出した。
 ゆかりが上様の腕を引いた。
 そして私の目を見た。私はその意図を理解する。
 心を読んでしまう――泣き出した上様を見て大人のおじさんたちが駆け寄ってきてしまうのは、上様にとっても嬉しくないだろう。
 木陰に隠すように上様を連れてくると、上様は自分で歩けないほどがくがくと全身を震わせて、泣き出した。
 声を押し殺し、ゆかりの小さな体を、大切なぬいぐるみでも引き寄せるように抱きしめて、泣き始めた。
 ゆかりは、何が起きているのか分からないという顔をしていた。
 しかし私は分かってしまった――心が読めるから。
 上様が、何を言おうとしているのか、もしくは、何を言いたくないのかが、分かってしまった。
「大丈夫だよ」
 私は上様の震える背中に手を置いて、耳元に声をかけた。
「何があっても、私たちは大丈夫だから。……だから、恐いことがあったなら、言って」
 上様が、顔を上げた。
 熟れて潰れた柿みたいに、真っ赤に腫れ上がりびしょ濡れになった顔。
 その顔が、私に救いを求めた。
 私は頷いた。大丈夫――だって私はもう、上様が何を言おうとしているか、知っているから。
 動揺を表情に出すことは、ない。
 上様の心の中にひとつまみの安堵が浮かぶ――それが分かってしまう。
 こういうとき、私はたまらなく寂しくなる。
 上様の心を自分が操作しているような気分がして、吐き気がして、全てをぶちまけてやりたくなる。
 けれど、堪える。
 自分の醜さを全て飲み込んで、私は上様の手を優しく、産み落とされたばかりの卵を拾い上げるように握ってあげる。
「あのね」
 上様が、震える唇から、言葉をこぼす。
「私、野球、辞めなくちゃいけない」
 ゆかりが、驚いて口を開く。
 私はそれを視界の端で見ながら、驚いた顔を作った。
 自分こそ、作り物の表情で生きているのだということが、バレなければいいなと願いつつ。


第2話を読む

このページのトップヘ