短編小説『ブリリアント・チーティング』完結

――裏切ってでも、守りたかった。  著:水円花帆

私は迷子だ。
 巨大な長岡駅の構内に駆け込むと、人気のなさそうな方を選んで走った。

しばらく走った私は非常階段に出ると、ポケットから携帯電話を取りだした。

うずくまり、震える右手で携帯の中に保存してあるアドレス帳をめくった。

 体ががちがちと震えた。

後悔していた。

なんであんなことを言ってしまったのだろう、と。

 その後悔は果てに、私はあの誓いまでも記憶を遡っていた。

 電話をする――松城家に電話をかける。

受話器を取る音――「はい、松城ですけれども」

「榛名です、榛名猫です。松城上ちゃんのお母さんですか」

「……はい、そうですけど、」

「ごめんなさい」

 通話の向こうの空気が硬直したのが分かった。

私は、不意に不気味な笑みがこみ上げてくるのを感じた。

震える体の底から、気持ち悪いほど笑えてきた。

 上様のお母さんの心が読めない。

 電話では分からない。

目の前にいない相手の心は、読むことができない。

 ――恐かった。

 大人が恐かった。

いま通話している大人が、上様のお母さんが、私たちにどんな罰を下すのか、不安で仕方なかった。

私は今すぐに分厚い難攻不落の布団を被って、人類全てが滅んでしまうまで昏々と眠り続けたいと思った。

「どうして、謝るの」

 優しい声だった――恐かった。

こんな声で私を心配できる人に、どうして私はあんなに酷いことができたのだろうと思った。

心が読めるからって。

自分が可哀想な生い立ちだからって。

どうして自分という人間はこんなにも浅ましく醜くなってしまったのだろうと思った。

「あんなこと誓ってくれなんて言って、ごめんなさい。お願いします、許してください」

「あの、一体、」

「怪我しました」

「……怪我? 今日の試合で? 上ちゃ」

「私がです」

 震える体の奥から、さらに笑みが浮かび上がる。

自分を殺そうとするような痛みを叫ぶ左手の人差し指が生んだ悪魔だと思った。

私の体の中には悪魔がいる。

 上様のお母さんは、上ちゃん、と言おうとした。

それはそうだ。

誰だって、自分の子供を心配する。

その当たり前のことが、目の前にテーブルクロスのように広げられた。

その瞬間、それをめちゃくちゃに壊してやりたい自分と、天上の光を浴びせられた悪魔のように縮こまり怯える自分と、二人の自分が体内に生まれるのを感じた。

そして私は――心の読めない大人に対して、無力だった。

私みたいに汚くない、家庭を持つ、綺麗な人間の前に無力だった。

さんざんクズだなんだと心の中で罵っていた相手に対して、私は驚くほどちっぽけで、矮小な存在だった。

声が、震えた。

「骨折しました。一ヶ月はボールもバットも握れません。次の、今日出場の決まった北信越大会に、私は出られません。たぶん、島田スターマインズは負けます。私たち三人が揃わなきゃ、スターマインズは負けるんです。……おこがましいお願いだって分かってます。でもお願いします。一生のお願いです。もうほかに何も望みません。だから、……今回だけは、見逃してください」

 途中からは、言葉になっていなかった。

そういう風に言おうとしたけれど、正しい音にはなっていなかった。

口が震えた。

心が震えた。

嗚咽と痛みが私の口に蓋をして、まるで水の中でごぼごぼとおぼれているかのように、私の言葉をかき乱した。

涙がぼたぼたとこぼれ落ちた。

誰もいない非常階段にうずくまった私は何かの妖怪か獣のようだとも思えた。

ひとりぼっちの、醜い獣のようだ、と。

「私たちは負けます。でも、でも、私はまだ、上様と、ソフトをやりたいんですっ」

 だから――

「それは、わがままと言うんじゃないの」

 私は、通話口の向こうにいる女性が地獄に落ちればいいと思った。

 上様のお母さんは、私の邪悪な思いには気づかずに言葉を並べる。

「事情は分かりました。でも、一度決めた約束をずるずると破るのは、良いことだとは思わないわ。だから、あなたの気持ちはよく分かったけれど、約束は、約束です」

 今すぐに隕石が松城家に落ちれば良いと思った。

そうすれば、まだ帰っていない上様は無事だから。

そうすれば、この分からず屋の女は地獄に落ちてくれるだろうから。

「それにまだ負けたわけじゃあないんでしょう。あなたが信じた二人がきっと勝ってくれるって、信じなさい」

 あるいは、天上から槍が降ってこいと思った。

この通話の先にいる女性と、そして私自身に。

 口が震える。

喉元まで言葉が出かかる。

 ――私は裏切ったんです。世界中の何よりも信じなきゃいけなかった二人を、私は裏切ったんです。だからお願いします。私が死んでもいいんです。でも、あの二人だけは。

「それじゃあ、」

 上様のお母さんのその言葉の続きを聞かずに、私は通話を切った。

 世界の終わりは近かった。

第13話を読む

 打たせるしかない。

左手の人差し指は、まるで堪えていた反動が全て一息に返ってきたかのように、猛烈な勢いで私を殺しにかかっていた。

震える左手を必死に止めて、ミットを構えた。

インハイに投げ込ませることはできない――腕が痛みであがらない。

構えた振りをして右手でミットを支えて、ど真ん中を要求した。

 打たせるしかない。

次にボールがミットにやってきたら――その先は、想像できない。

したくない。

 バッターの心を読む。

ど真ん中を欲していた。

その要求に近いところへあえてミットを構える。

ゆかりは――優しくて良い子で従順なゆかりは、打たれそうだなと思ってもなお、私が構えたところへ、投げ込んだ。

 ボールを操作。

振られたバットの下端にボールが当たる。

ゆかりの正面に転がった。

ゆかりがそれをキャッチして、上様へ送球――ワンナウト。

 あと、ツーアウト。

そうすれば試合が終わる。

あとは氷でもなんでもいいからとにかく冷やしまくる。

望みは繋がる。

 私たちは負けてはいけないのだ。

三人揃った試合で、絶対に負けてはいけないのだ。

もしもここで自分が降りたら、六年生だろうが五年生だろうが、私以外がゆかりをリードしたら、たぶん三点なんてあっという間に返される。

この打線を、私以外のキャッチャーが抑えているところを想像できない。

 二人目――心を読んで、アウトローを待っていることを知る。

そこに投げ込ませる。

打たせて、今度は一塁線に転がった。

上様がキャッチし、自分で塁を踏んでアウトにした。

 あと一つ。

私は――歯を食いしばった。

 チクショウ――なんでインハイ待ちなんだよッ!

 腕が上がらない。

だけど、キャッチングなんてもっとできない。

私は震える左腕を持ち上げる。

インハイまでは届かない――ほとんどど真ん中。

そこに構える。

左腕が震えないように、左膝で支える。

バレないように――バレませんように。

 その瞬間――ばちりと、ゆかりの目が私を見た。

私は凍り付いた。

バレた、と思った。

 次の瞬間、ゆかりがにっこりと微笑み、そして投球モーションに入った。

私は凍り付いたまま、左手の力を失い、ミットを落としそうになる。

けれどゆかりは私が指示した通りの場所に投げ込み――そしてバットが振るわれた。

 私は迷わず能力を使い、ゆかりの正面に、ボールを転がした。

第11話を読む

「折れてますね」

 長岡市内の病院だった。

時刻は七時を回っている。

 それは、死刑宣告だった。

 私はぐるぐると回る頭に惑わされて、その場で体の中身を全て戻してしまいそうな気がした。

 骨折――それで私が試合に出られなくて負けた場合、果たしてあの誓いはどうなるのだろうか。

あの上様のお母さんが、見逃してくれるだろうか――いや、そんな甘い考えを容認してくれるわけがない。

 私は、上様を、大切な一人娘を奪い取ったのだから。

 勝ち続けること。

それは遠回しにプロになると断言したも同じことだ。

骨折して試合に出られなくなった者が勝ち続けるなどという大言壮語を吐いて良い理屈などないのだった。

 全治何週間だとか、治療がどうとかリハビリがどうとか、そんな言葉は頭に入ってこなかった。

三週間後に行われる北信越大会に間に合わないということだけは、分かった。

それだけで、私を殺すのには十分だった。

 安藤先生と一緒に病院を出て、ロビーで待っていたチームメイトの前で、私は、安藤先生による、人生二回目の死刑宣告を淡々と聞いた。

私は顔を上げられなかった。

ゆかりと上様の顔を見ることなどできなかった。

二人の親友を最低の方法で裏切った上に、その二人の将来まで、私は潰してしまったのだから。

 長岡駅前のバスロータリーで、私たちは親の迎えを待っていた。

チームメイトたちが、迎えにきた親に勝利の報告とキャッチャー骨折の報告を複雑な表情でするのを見て、私の胸はこれでもかと押しつぶされた。

やがて上様とゆかりと、私だけになった。

上様のお父さんが、仕事の都合で遅れているということだった。

辺りは暗くなりはじめ、このまま暗くなり続ければ、私たちは互いの顔を見つけられないかもしれない。

長岡駅前は、私たちの暮らす町と比べると遙かに都会だ。

それでも、この世界にある町である以上、闇に包まれてしまう運命からは逃れられない。

手を揺らして招くような闇がすぐそこの足下まで迫っていた。

 ゆかりが、私のほうを見たのが分かった。

「……猫ちゃん」

「なに」

「絶対、私たち勝つからさ、だから、大丈夫だよ。私たち、」

「無理だと思うな」

 私の喉から、思ってもいないとんでもない言葉が飛び出していた。

上様とゆかりが、街灯の下で驚いた顔をしたのを見た。

それを見て、私は、自分が何を言ったのかを悟った。

 けれど、止まらなかった。

 喋るのを辞めれば、体に刻まれた痛みで壊れてしまいそうだと思った。

「無理だよ。勝てないって。だって、北信越大会だよ。今日よりももっと強い人たちが沢山いてさ、それで、」

 言い切る前に、私は上様の心を読んでいた。

上様がゆかりを押しのけて右拳を握りしめ、振りかざすのを知っていた。

デッドボールを喰らったときみたいに私の時間が止まり、上様の拳が私の頬をぶん殴り、私は勢いで、ふらりと二歩後退した。

「そんなことを言うなッ!」

 上様が、叫んだ。

あの上様が。

普段は無表情で仏頂面で、バレンタインデーを控えた男の子みたいな顔を一年中している、あの上様が。

上様がなおも叫ぼうとする。

「私はあんたを信じて、」

 私は顔を上げ、きっと上様を睨んだ。

そして、

「無理。絶対無理。私抜きで勝つなんて、できるわけない」

 呪いの言葉を吐き捨てて、バッグも持たずに駆けだした。

上様の顔も、ゆかりの顔も見たくなかった。

第12話を読む

このページのトップヘ